空き家・空き地 管理の必要性

高齢化社会への本格的な突入や、少子化問題、世帯構造の細分化などの様々な影響に伴い 所有者で管理しきれない空家・空き地が急増しています。 不審者による治安悪化、放火、景観の悪化、倒壊の危険性が増加するなどの様々な 不安要素が後を絶たず、事態は深刻の一途をたどっています。 平成27年5月26日の空家対策特別措置法と同年の税制改正によって、固定資産税が安い、用途が無いからといった理由等から、空家を放置したまま所有することは法律的に許されなくなり、維持修繕が行き届いていない空き家に対しては、行政が介入し修繕命令や強制撤去を行えるようになりました。 思い出の詰まった大切な空地・空家を後世に残し伝えていく為にも、先を見据えた徹底した管理が必要になります。

管理せず放置することの危険性

老朽化による倒壊
日本の家屋は木で作られていることが多い為、手入れをしていない場合は耐久性が弱くなり倒壊する危険性が高くなります。また昭和56年以前の旧耐震基準で建てられた家屋は、耐震性が低く地震や台風などの自然災害で倒壊する可能性があります。

景観の悪化
空き家・空き地を放置することで庭木や雑草が長く伸び、地域で保っていたイメージを大きく損なわせてしまう可能性があります。また不法投棄などが行われるようになる可能性もあり、治安の悪化も招く危険性があります。

放火による火災
放置されたままでは人の目がなく、燃えやすい枯草、ゴミ、紙ゴミなどが散乱していることが多いため、不審者による放火の可能性が高くなります。

不審者による治安悪化
庭木が生い茂り人目が付かない空き家は、不審者が長期間安定して利用する住処として利用されてしまうことがあります。住処として利用されるだけでなく、犯罪の拠点や、放火、衛生管理など様々な危険性があります。

雪による落雪、倒壊の恐れ
屋根の雪下ろしなどが行われず、重みで倒壊してしまう危険性があります。落雪による歩行者の通行の妨げになったり近隣住民に迷惑になってしまいます。

こんなお困りごとはございませんか?

お持ちのの空き家でこんなお困りごとがございませんか?

遠方にいる為に管理が出来ない

空き家を所有しているが、そのままにしたい

今は放置しているが、将来利用したい

親戚がいるが長期的なお願いは頼みづらい

無人の状態になるため管理が出来ない

空き家・空き地管理サービス

思い出の詰まった大切な空地・空家を後世に残し伝えていく為にも、先を見据えた徹底した管理が必要になります。 空き家の管理ならレントライフにお任せください! お客様に代わって空き家・空き地の管理をいたします。

  • 現状の空き家のまま管理する
  • 空き家を解体し、更地として管理する
  • 現状の更地を管理する

作業内容

  • 見回り(風通し等):月一回
  • 草刈:年一回
  • 除草:年一回
空き家管理価格表

空き家・空き地の管理を依頼する